幸せに成長する歯科・医療経営の種と仕掛け~戦略思考と人間心理(感情理解)の実践的融合~

コラム
2017年09月22日

歯科・医療経営の喜びの種を育てる-8

皆さん、こんにちは。ジョイカレント・河原田喜義です。
秋らしいさわやかな気候になってきましたね。

さて、前回は無意識の中で設定されたアウトカムは、感情による曖昧なものが多いこと、
感情はその時の環境・コンディション・受ける刺激などによって変化しがちなこと、
そして感情の変化によって、抽象度の高いアウトカムは簡単に形を変えることをお話ししました。

今回は具体例をひいて、前もってアウトカムを意識しているケースと
感情による曖昧なアウトカムしかもたずに事に臨むケースの違いをご紹介します。

たとえば、奥様との結婚記念日。
お祝いをするために頑張って、素晴らしいと評判のレストランの予約を取ったとします。
もちろん、奥様に喜んでもらって、これまでの労いと幸せをお互いに確認するために。
明確には意図しなかったとしても、これが本来の「アウトカム」です。

仕事があったため、先にレストランに入っていたあなたですが、
時間になってもなかなか奥様が来られません。
5分後、奥様からあなたの携帯電話に、
「友人の悩みごとに付き合っていて1時間ほど遅れるわ」
と連絡が入りました。
その時、あなたはどのように反応しますか?

ある人は、「分かったよ。気を付けてね」と優しく伝えるかもしれません。
また別の人は、「なぜ事前に分かっていることなのに、約束も守れないんだ!
俺のことは大事じゃないのか!」と、奥様にきつく当たってしまうかもしれません。

前者の方は、はじめのアウトカムが明確に意識されている状態なのでしょう。
しかし後者の方は、アウトカムが感情に支配されたままの状態であったといえます。 

もし、「評判のレストランで一緒に食事をする」という行動の「アウトカム」が、
「奥様に喜んでもらう」と明確に動機づけられていたのであれば、
ここに「柔軟性」を持って対処できるようになります。それが前者の方の場合です。
この「柔軟性」という考え方は非常に大切なものです。

逆に、感情によって支配されたアウトカムは、怒りという感情によって
「自分の痛みを相手に伝える」「非難する」というアウトカムに変化し、
現実的に起こる結果も、意図しない方向へと進んでしまう危険性をはらんでいます。

この際にも、「相手に怒りを伝える」というアウトカムは実現されるでしょうが、
得られる結果はそのアウトカムから相手の別の意図を引き出すことになり、
当初望んでいたものと相反することになるでしょう。

喜ばせるはずの行動が、夫婦喧嘩を招いてしまったという「結果」を生じたのは、
感情によって「アウトカム」がブレてしまった結果、
行動がブレてしまったからだと考えることができます。

大切なことは、「自分が本当に望む結果(=アウトカム)は何か?」を常に意識しておくことです。

次回は、そのなかでも特に経営者という立場から意識しておくべきことについてお話しします。
どうぞお楽しみに。

Posted in コラム | 歯科・医療経営の喜びの種を育てる-8 はコメントを受け付けていません。
2017年08月30日

歯科・医療経営の喜びの種を育てる-7

皆さん、こんにちは。ジョイカレント・河原田喜義です。
夏バテの時期ですが、お元気でお過ごしでしょうか。

前回は「アウトカムの明確化」の重要性についてお話ししました。
アウトカムというのは、ある行動によって導きだしたい結果のことでしたね。
今日は、アウトカムを意識する大切さについてさらに深くお話ししたいと思います。

人は、「自分が欲しいと感じる情報しか記憶できない」構造になっていることをご存じでしょうか。
つまり、今日はこのセミナーを受けてこういう情報を得るんだと前もって意識しておかないと、
同じ話を聞いても、得られる情報量は圧倒的に少なくなってしまうのです。

私自身、数多くのセミナーを受講してきましたが、「つまらない」と感じることもありました。
そういう場合は、、講師の方の力量などがある程度関連しているかもしれませんが、
自分の側に「アウトカムの設定」がなされていないという理由があったことも否めません。

ただ、ここで1つ、知っておいていただきたい大切なことがあります。
それは、「全ての人が取る全ての行動には、
その人にとっての何らかのメリット(肯定的な意図)が必ず存在している」
ということです。

事前にこのような作業を行わずにとった行動にも、しっかりとした意図があります。
人が取る行動には、一つとして無駄なことはありません。
しかし、結果として得られる成果は違ってきます。

では、たとえば先ほどのセミナー参加の例で、アウトカムを設定せずに
セミナーに参加するという時の肯定的な意図、メリットとはなんなのでしょうか?

アウトカムを設定せずに取る行動が持つ多くの肯定的な意図は、具体的な成果ではなく、
「感情面・精神面での充足、あるいは補填(ほてん)」
を求めていることがほとんどです。
意識として明確になっていなくても、無意識の中での「アウトカム」は設定されているものです。

ただ、そのアウトカムの設定内容が
「セミナーに参加することによってすごい情報を手に入れたい」
という漠然としたものであり、今置かれた状況によっての焦りなどがあれば特にですが、
その裏には強力な「自分は頑張っているという感覚を味わいたい」
「これさえやれば大丈夫という安心感を得たい」という
「感情による曖昧なアウトカムが作り上げられている」ことが多いのです。

個人差はありますが、感情はその時の環境・コンディション・受ける刺激などによって簡単に変化します。
すると、この感情の変化によって、抽象度の高いアウトカムは、簡単に形を変えることになります。

はじめにアウトカムが明確に意識されている状態であれば、
ちょっとしたハプニングが起こっても柔軟に対処することができます。
感情に支配された曖昧なアウトカムしかもっていない場合、
ハプニングによって感情が揺れ動き、結果まで意図しない方向へと進んでしまう危険性をはらんでいます。

次回は具体例をひいて、前もってアウトカムを意識しているケースと
感情による曖昧なアウトカムしかもたずに事に臨むケースの違いをご紹介します。
どうぞお楽しみに。

Posted in コラム | 歯科・医療経営の喜びの種を育てる-7 はコメントを受け付けていません。
2017年07月28日

歯科・医療経営の喜びの種を育てる-6

皆さん、こんにちは。ジョイカレント・河原田喜義です。
いよいよ夏本番。行楽のご予定などお決まりでしょうか?

さて、前回は「経営と幸せの関係」について考察をめぐらせましたが、
今回は「幸せに成長するためのはじめの1歩」をテーマにお話します。

重要なのは、アウトカムの明確化です。
耳慣れない言葉だと思われるかもしれませんが、アウトカムとは、
「自分自身がある行動によって導き出したい結果」という意味です。

医院経営のご相談をお受けする際に、必ずご質問させていただくことがあります。
それは、
「先生は今後どのようになりたいとお考えですか?」
ということについてです。

すると多くの方が、今の課題、今後の不安などについて話してくださいます。
自分がこれから導き出したい結果=アウトカムについての質問であっても、
「今、自分はこういうことで困っている」「こんな課題を抱えている」
という点に意識をフォーカスされている方が大半なのです。

上記のような回答が返ってきた場合、
私はまず、「アウトカムの設定」を一緒にやり直すところからはじめます。

近年、脳生理学や各種心理学の分野で、「アウトカム」の設定の仕方、
つまり、自分の行動を方向づけるための「目標地」の扱い方が注目を集めています。
自己啓発的な観点からだけではなく、
「人間の生命科学としての脳の内部構造の体系化」という観点から、
これがいかに大切なことかということが知られてきたためです。

では、幸せに成長するために、
なぜ「アウトカム」という考え方が大切なのかをまずお話ししましょう。

自分自身が取っている「行動の意味」ということについて、
皆さんはどれくらい真剣に考えたことがありますか?

たとえば、
「セミナーに参加する」
「スタッフと話し合いをする」
「Aという設備に投資をする」 etc…

皆さんが普段、意味ある行動であると漠然と感じながら取っている行動の多くには、
ある大切なことが欠落していることが多いものです。
また、そのことが非常に大きな機会損失(チャンス・ロス)を生み出している可能性があります。
それは何だと思いますか?

その答えは、これから行うことの「具体的な意図」を
実際に「行動に起こす前に明確にしておく」という作業です。

たとえば、先ほどの「セミナーに参加する」という行動であれば、
そのセミナーを受講される前に、
「今日はこのセミナーで○○という成果を得る」と
具体的に紙に書き出しておくという数分間の作業を行うこと。

この作業を行ってから参加する4時間と、行わずに参加する4時間の
「人生の質」には大きな差が生まれます。

事前に得たいものが明確になっている人は、そのセミナー受講中、
今どのような情報が得られていて、何が足りていないのかを考えることができます。

そうすれば、足りないものを補足するために、講師の方に質問を投げかけることや
周囲の人と相談し、意見を聞くこともできると思いませんか?

結果、どのような内容のセミナーであっても
能動的・主体的に求める成果を得やすくなります。

一方、事前にそのような作業を行わずに「セミナーに参加する」という行動を起こした場合は、
非常に受動的な成果しか得られなくなるものです。

アウトカムの明確化の重要性についてご理解いただけたでしょうか。
次号では、アウトカムを意識する大切さについてさらに深くお話しします。
どうぞお楽しみに。

Posted in コラム | 歯科・医療経営の喜びの種を育てる-6 はコメントを受け付けていません。
2017年06月30日

歯科・医療経営の喜びの種を育てる-5

皆さん、こんにちは。ジョイカレント・河原田喜義です。
雨にぬれた紫陽花がきれいな季節になりました。
さて、売上と幸福感が比例しないのはなぜかという話の続きをしましょう。

単純に「売上の向上=幸せ」と考えて行動してしまうと、陥りがちな罠があります。
たとえば製造業などは、現在、派遣切りの問題で波乱を呼んでいますが、
過去を振り返っても同じような栄枯盛衰を繰り返していることをご存じでしょうか?

売上の伸びが見込めると、その伸びに合わせて設備投資・人材増員を実施し、
最大限の売上を獲得するような行動に出る。そして、需要の急激な低迷が訪れると
ふくらんだ設備投資分の返済、仕事のない従業員への給与支払いに窮する。

これは、以前からずっと見てきた真実でした。また今も実際に社会で起こっていることです。
歯科・医療業界であっても製造業であってもなぜこのような状況を繰り返してしまうのか?
優秀な企業・経営者が、歴史に学ぶ姿勢をもたないとは思えません。
ずっと不思議に感じていました。

しかし実際に自分自身が「経営者」になってみると、その理由が分かったような気がします。
それは、「自分と組織との双方を同時に客観視すること」がいかに難しいことか
という点にあると考えています。
コンサルタントの私から出る言葉としては滑稽に感じられるかもしれませんが、
自分自身に対するコンサルタントを欲しいと感じる瞬間があります。
自分のことというのは、意外と自分自身では盲目になってしまう面があるものなのです。

経営者が一番疎かにしてしまいそうな意外な一面。
それは「自分の本当の幸せについて」なのかもしれません。
「自分自身の幸せ」に対して、それが一体なんなのかを具体的に考えることなく、
売上を目標にすることだけに目線がいくと、精神的な充足感を著しく欠くことになり、
人生の質に悪影響を及ぼすことがある。そんな例はこれまでにもいくつもみてきました。

しかし、自分ひとりでは、この「幸せ」についての答えは見えてこないのではないか
と私は思うのです。

改めて、独立を果たして会社を設立するまでの経緯を振り返ってみると、
いかに自分自身が社会の多くの人・物・仕組みに支えられ、生かされてきたか
ということを強く実感しました。

これまで共に歩んできたクライアントの先生方、共にビジネスを築き上げてきたビジネスパートナー、そして家族、数多くの友人、師と呼べる方々など、
これらの人々からの貴重なサポートとアドバイス、そして何よりこれらの人々と築き上げてきた「人間関係」によって、自分自身の幸せが構築されていることを感じるのです。

このメールマガジンを通じて、さまざまな経営者の想いにふれ、
経営者やその周囲の人々から幸せの輪を広げるための気づきを
少しでも多くお伝えできれば、これほどうれしいことはありません。
仕事人・医療人、そして一人の幸せを求める人間として、
価値ある情報を可能な限りお届けすることこそ、私の使命と心得ています。

次号もどうぞお楽しみに。

Posted in コラム | 歯科・医療経営の喜びの種を育てる-5 はコメントを受け付けていません。
2017年06月02日

歯科・医療経営の喜びの種を育てる-4

皆さん、こんにちは。ジョイカレント・河原田喜義です。
前回は、医療機関が経営的に成功するためには、ブランディングと永続性のある組織を作るための「単なる対処療法ではない」経営戦略が必要であるという話をしました。

しかし単に戦略を把握するだけでは、実際にはうまく機能しません。
「戦略」を具現化し、成長させるためには「エネルギー」が必要となるからです。
歯科・医療の業界にとってのエネルギー、それは「人」や「組織」に他なりません。

ある院長先生から、
「スタッフは医院にとってのアキレス腱のようなものだ。
鍛えれば早く走れるようになるが、切れてしまえば動きすらとれなくなる」
と伺ったことがあります。
的確なたとえだと感心させられたことを今でもよく覚えています。

また、業績や収益以外のご相談で一番多いのが、
組織内での人間関係や教育、モチベーションといった「人の課題」です。

私は学生時代から心理学に強い興味を持ち、個人的にも学習を続けてきました。
その経験は、経営コンサルタントとして人を見極め、実行力を高める支援の中で
非常に有用であることを実感しています。

そこで、上述した戦略的視点に、人というエネルギーを最大限に活かすために必要な
「エモーション(感情)・マネージメント」という視点をミックスし、
より実践的に本物の品質・価値が評価され、
経営的にも成功されるコンサルティング体系の実現を目指しています。

また、実際に高い品質をもって成功された先生方も多々いらっしゃいますが、
一つの反省点として感じたことも追記しておきます。
それは、「経営的に成功したものが正しいとは限らない。
また、経営的に成功したものが必ずしも幸せであるとは限らない」ということ。

もちろん、全ての企業を含め、医業においても
適正な活動によって業績を上げることは大切なことです。
しかるべき利益を上げることによって、新たな投資が生まれ、
エンドの患者さんへの医療品質が向上する。
もちろん、そこに携わる方々の生活の質(QOL)が向上することも然りです。

しかし、たとえば歯科医院において年間売上1億円以上を達成している先生方であっても
「常に何かの不安と闘いながら日々の生活を送っているように見える人」
「急激な売上増を実現したものの、拡大志向による急激な固定経費の上昇により
売上減のリスクと常に隣り合わせになってしまっている方」
など、必ずしも売上と幸福感が比例していない方は少なからずおられます。

単純に「売上の向上=幸せ」と考えて行動してはいけないのはなぜでしょうか。
次回はその理由についてお話しします。

Posted in コラム | 歯科・医療経営の喜びの種を育てる-4 はコメントを受け付けていません。
2017年05月08日

歯科・医療経営の喜びの種を育てる-3

皆さん、こんにちは。
連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
ジョイカレントからお送りする『幸せに成長する歯科・医療経営の種と仕掛け』。

前回のブログでは、「品質の高さ・努力の質と経営業績は比例しない。」ということをお伝えしました。
高品位なものが淘汰されてしまうという状況も、現実として起こってしまうことがあります。

なぜか??

「医療」と「医院運営」の機能を明確に、また客観的に区別して捉えることが難しいこと、また、医師は大学のカリキュラムとして「経営論」「組織論」「リーダーシップ」などの考え方に触れる機会がほとんどなく、これらの発想が希薄になりがちであることがあげられると考えています。

医療機関といえども、現在は独立採算を強く求められる時代。
そのような中にあって、「医療品質」のみでは必ずしも「患者さんに選ばれる品質」ではなくなっているということです。

民間企業と同様に、医院・クリニックを永続させるための短期・中長期の戦略的発想と計画性・実行力・洞察力・改善力が求められる時代になってきたということでしょう。

また、企業理念に挙げられるような、1院1院が「どのような医療機関を目指すのか」といったコンセプト、加えてそれに基づく具体的な活動が患者さんの大きな関心事となっているという人間の価値観の変化も影響しています。

正直なところ、まだまだこれらに対応できているクリニックは少ないのだと思います。

しかしながら、一方で、私は医療機関にこそ真に研ぎ澄まされた経営が可能であるとも感じています。

なぜなら、医療は他のどの業界にも増して「本物の品質」を追及してきた業界であるからです。
人の健康・生命に関わる仕事であることから、最も高い安心感・信頼感が必要となる業界、それが、歯科・医療の世界だと考えます。

短期的な成功であれば、未熟な技術であっても、小手先の戦術論(テクニック論)で実現することはかなり容易です。実際に周囲にもそのような例は思い浮かばれるかもしれません。
しかし、そういった事例が永続的な繁栄をすることはありません。

私は、高い倫理観、技術力、品質をもつ先生方が、「おひとりおひとりに培われてきた独自性」を磨きあげ、経営の質を同時に高めることで業界全体の最善な活性化が行われるようサポートすることがこの業界でのコンサルタントの使命であると考えています。

その一助として、このメールマガジンでは、医療機関のブランディングと永続性のある組織を作るための「単なる対処療法ではない」経営戦略についての考え方を分かりやすくお伝えしたいと考えています。

しかし、「戦略」(「戦術」「戦闘」)を把握するだけでは、実際にはうまく機能することは稀なことです。

これらを具現化し、成長させるためには「エネルギー」が必要となるからです。
歯科・医療の業界にとってのエネルギー、それは「人」や「組織」に他なりません。

次回は、成長の原動力となる「人・組織」についてお伝えします。

どうぞ、お楽しみに!

Posted in コラム | 歯科・医療経営の喜びの種を育てる-3 はコメントを受け付けていません。
2017年04月04日

歯科・医療経営の喜びの種を育てる-2

皆さん、こんにちは。
ジョイカレントからお送りする『幸せに成長する歯科・医療経営の種と仕掛け』。

前回は、ブログのテーマについてお伝えしましたが、なぜこのようなテーマが今、歯科・医療の現場に必要であると考えたのか?
それには次のような理由があります。

これまで、日本全国の数多くの歯科医院・クリニックの院長先生と出会い、経営としての成長のサポートをさせていただいてきましたが、これまでの経験を総括して感じ続けてきた「2つの違和感」が一番のキッカケになりました。

まず1つ目は、高い品質・技術・設備など、優れた資質を持ちながらも、また必死に懸命に努力を重ねながらも思うような成果を上げられないクリニックが非常に多い点についてです。

ご相談に来られる先生方は、非常に人間性としての品位が高く、また日夜、休日を顧みずに技術の研鑽・知識の習得のためにセミナー・講習会・研修会などに足を運ばれ優れた能力を身につけられた方々が実はほとんどです。

それにも関わらず、実際に患者さんの減少、経営業績の悪化など、これ以上どう頑張ればよいのか分からないと途方に暮れてこられることが多い。

「私は人一倍努力を重ね、これまで懸命に医療人としての資質を高める行動に専念してきました。
私は自信をもって、患者さんに最善・最良の治療を施せると自負しています。
にもかかわらず、思った以上に患者さんは増えず、また経営的にも苦しい。
私がこれまでやってきたことはなんだったのかと思うと、夜も眠れなくなるのです。。。」

「これまで私は地域の一番医院として、また、かかりつけ医院として患者さまを第一に考え、どこにも負けない技術品質の医院づくりをしてきました。
でも、最近近隣に若い開業医が入ってきてから、目に見えるくらいに患者さんが減ってきたんです。
なぜなんでしょう? これまでこれだけ地域の人たちに尽くしてきたつもりです。
診療の質で負けるとはとても思えません。どうしても納得ができないのです。」

実際にこれまで先生方がどのような取組みをされてきたかをお伺いすると、非常に努力家な方であることが手に取るように分かります。

なかには、本当に素晴らしい診療とは何かを改めて教えていただける機会も多々ありました。
これらの先生から教えを受けて、通常のドクターの皆様とは違った角度から診療技術についての知識を吸収させていただくことができたことは、私の大きな財産にもなっています。

しかし、それにも関わらず、その品質の高さ・努力の質と経営業績は比例しません。

高品位なものが淘汰されてしまうという状況も、現実として起こってしまうことがあります。

なぜか??

続きは、次回の記事にてお伝え致します。
どうぞ、お楽しみに!

Posted in コラム | 歯科・医療経営の喜びの種を育てる-2 はコメントを受け付けていません。
2017年03月01日

歯科・医療経営の喜びの種を育てる-1

ようこそ、お越しくださいました。
はじめまして。
歯科・医療経営コンサルタントの河原田 喜義(かわはらだ きよし)と申します。

皆様との素晴らしいご縁に心から感謝致します。
この出会いから、貴方にとって新しい発展が生まれることを期待しております。
このブログは、

●夢と希望に溢れ、これからの歯科・医療業界を担う新規開業されたドクター
●経営の業績や運営に悩みを抱え、おひとりで悩まれている院長先生
●既に一定の成功を収めているが、次の一歩や将来のビジョンが不透明な院長先生
●歯科医院・クリニックを開業し、漠然とした不安を持ち続けている院長先生
●経営業績の成功と医療人・家族としての精神的な充足の両輪を望む院長先生

に向けて、歯科・医療経営のためのコンサルティグ情報をお伝えします。
末長いご愛読の程、よろしくお願いいたします。
今回は、簡単にこのブログの特徴とブログをはじめるに当たっての想いを書かせていただきます。

このブログでは、

(1.)歯科・医療の経営者が「医院独自のブランド」を生み出し、成長するための経営戦略(ビジネスロジック・マーケティングセンス)

(2.)成長の原動力となる「人・組織」の複雑な人間関係・心理(感情)を円滑化・活性化するための人間関係の構築(エモーション(感情)・マネージメント)の2つを2大テーマとして、双方を効果的に融合し、「幸せに成長する」医療機関・クリニックづくりをサポートすることを目的としています。

では、なぜこのようなテーマが今、歯科・医療の現場に必要であると考えたのか?その理由については、次回の記事にてお伝え致します。
どうぞ、お楽しみに!

Posted in コラム | 歯科・医療経営の喜びの種を育てる-1 はコメントを受け付けていません。