コンサルティングの特徴

HOME >> 経営課題
経営課題 コンサルティングスタイル コンサルティングの内容
コンサルティングの方法 コンサルティングツール 他社との違い・特徴
コンサルティングメニュー    

経営課題

私たちが最も得意としているクライアント様からのご依頼・ご相談のパターンです。

弊社がこれまでのコンサルティングにおいて最も数多くの相談を受けると同時に、成果を上げることに精通した相談事例として、次にあげる3つのパターンに分けられます。ご自身の現状に近いなと感じられたら、それは大きな成長を引き起こすチャンスかもしれません。まずはお気軽にご相談ください。

これまで自分の力で医院・組織を懸命に引っ張ってきたが、この先、どう動いてよいかわからない。専門家と共に、次の新しいステージに向かってチャレンジしたい!!

はじめての開業からこれまでの年月、自分の力で試行錯誤を続け、誰にも頼らずここまで組織を築き上げてこられたあなた。様々な苦労や喜びを味わってこられたことでしょう。そして今、
「もっと良くなるんじゃないか」
「現状にはまだまだ満足できないが、ここから先、どうしていいのか分からない」
という想いは、これまでおひとりで頑張ってこられた方の多くがお持ちになる感覚であり、またその直感・心のシグナルは正しいことがほとんどです。ただ、そこから先へと進むことができない場合の大きな原因の一つが、「人に頼ること」に対しての抵抗感と、「変化に対する不安」です。

このフェーズでは、経営者の持つ「判断力」が将来に向けての成長を大きく左右します。
起業・開業される際にも、その変化を起こすために大きな投資を行ったり、リスクをも覚悟でチャレンジするという行為を選択してこられたはずです。しかし、長い経営の道のりの中で、その大切さをどこかに置き忘れてしまうことがあります。

現状を変えるためには、「行動」を変えることが必要です。
気がつけば、組織の規模もだんだんと大きくなって一人でまとめ上げるのが手に余る。また、人材の育成や組織の活性化、業績のマネージメントなど、気にかかることが沢山でてくるように・・・。そんな中、今のまま進んでいっても、大きな成長をイメージできない。そんな現状を打開するための1歩として、今、もしかしたらこのサイトをご覧いただいているのかもしれません。不安やわだかまりを持ったまま、これからの経営を進めていくということは、サイドブレーキを引いたままアクセルを踏み続け、エネルギーを消耗してしまうようなものです。

私たちが行うパートナーシップとしてのコンサルティングは、あなたに必要な変化を与えるための潤滑油として組織の中に自然に溶け込み、1つ1つ、新たな成長というフィールドに向かう為のナビゲーション・システムを提供します。

常に社内にいないからこそ可能な客観的な視点を持ちながらも、時に経営者以上にその組織の事を考える。精神的な支柱にもなりながら家族的に支えるパートナー。あなたが行った選択を、最高の形で具現化するための支援が、私達の行うコンサルティングの真髄です。

やりたいことは沢山ある。しかし、右腕になる参謀スタッフや人材が揃わない。
従業員のモチベーションを上げ、組織一丸となって目標に向かって前進したい!!

目指すべき方向性や気持ちが高なるやりたい事は明確にあるが、それに対して自社(自院)の中で考えを巡らすだけでは行き詰まりを感じ始めた。論理的な道筋や根拠がある方法や取り組み方をもって、新しい突破口を見出してくれるパートナーが欲しい。

アイデアや方向性があっても、それを「具体的に実践できる現実の計画」にまで落とし込み、アクションを実際に起こすことは非常に大きなエネルギーを必要とするものです。

資金繰りはもちろんのこと、これまでご自身では経験をしたことがない分野に踏み出すのは、航路図や羅針盤を持たずに大海原に漕ぎ出すような感覚に陥り、アイデアレベルで進まずにいるということもあるかもしれません。

そんな中、様々な組織・業界での大局的な視点をもち、また実際に様々なビジネスモデルを現場で体得してきた外部パートナーを活用することで、不要なリスクを取り除き、進むべき方向性を明確に定めて、事業に専念することが可能になります。

また、目的を一つにし、様々なアクションを繰り返し実行していく中で、共に課題を乗り越える体験をコンサルタントと共に内部のスタッフが経験するにしたがって、問題解決のための思考力や行動力が、次第に組織の中にも浸透していきます。

スタッフの教育に対し、めまぐるしい成果を上げる方法は、成果が得られる考え方や行動の取り方を「モデリング」しながら、自分自身、現場で「体験」してもらうことです。

そのような成果をあげるには、新たな風を組織の中に吹き込むという、これまでとは違う行動を起こすことが必要になります。

あなたの組織の成長段階を、新たなステージへと導く突破口として、必要不可欠な風を私たちのパートナーシップ・コンサルティングがもたらします。

先代からの事業継承や新規の立ち上げなど、自分らしい経営スタイルで新しい成功へのステップを創り上げ、事業を軌道に乗せたい!!

二代目・三代目の事業継承者として、前任の経営者のスタイルを更に上回り、新たな経営者として従業員・スタッフとの関係づくり、組織ビジョンを新たにし、「スタッフ主導型の経営体制」を構築したい。

医療経営の現場では、特にこのような経緯でご依頼をお受けすることが多くあります。

もともと、先代である父親が築いてきた医院や組織、そしてその診療・経営手法。既に確立した環境をそのまま引き継ぐということは、簡単なように見えて様々な課題が浮き彫りになることもあります。

新しい院長・経営者へのスタッフの偏見や戸惑い、また確立された技術と最先端の技術との考え方の違い、ワンマンで組織を束ねてきた父と新しい感性を持って育ってきた子という関係がもたらす目に見えない仕事に対する価値観のギャップ。

複雑に入り混じった課題の中、事業を継承する経営者には、なにから手をつけてよいのか、自分はどうあるべきなのかに悩まれる方がいらっしゃって当然のことだと思います。

知らない人からすると、先代に色々と相談しながら解決していけばよいと考えられがちですが、身内であるからこそ特別な想いや感情が錯綜し、互いに支え合うことが時としてできなくなる場合もあるものです。

そんなときに、身近にプロフェッショナルな意識を持って相談できるパートナーは経営者の想いを整理し、新たな行動力を生み出す大きな力となります。

自分に与えられた環境を最大限に活かしながら、自分の持てる力を存分に発揮できる体制を新たに構築していく。

そんな若き経営者の強力なパートナーとして、知恵と行動の源を与え、先代の意思を更に大きな希望へと導くコンサルティングを提供します。

経営に関するご相談・お問い合わせお気軽にご連絡ください。

経営課題 コンサルティングスタイル コンサルティングの内容
コンサルティングの方法 コンサルティングツール 他社との違い・特徴
コンサルティングメニュー    

無料経営相談

歯科・医療経営に役立つ無料メールマガジン「幸せに成長する歯科・医療経営の種と仕掛け」
メールアドレスを記入してください。
読者購読規約

バックナンバー

Skype経営相談のご案内

クライアントの皆様から頂いたメッセージ

医療を育む心理学:実践的手法をご紹介

blog